5300社に倍増!プレミアムフライデーの賛同企業・団体数

プレミアムフライデー実施企業

プレ金賛同企業数が2倍の5300社へ

平成29年2月24日(金)に始まったプレミアムフライデー(プレ金)。スタートから2週間で賛同企業・団体が5300社を突破し、開始時の約2500社から二週間で2倍強に増加。初回は特に小売業や旅行業などの市場では一定の効果が得られたことから法人間にもプレミアムフライデーに関する認知度と興味度が向上したと思われます。

また海外でも米国やヨーロッパ、中国の一部メディアでも日本政府が推進する消費喚起策として「Premium Friday」の取り組みが取り上げられた事からインバウンド関連の賛同企業数が新たに伸張したものと思われます。

働き方革命系プレ金導入企業も増加へ

早上がりや半休制度など「働き方革命」の側面から導入する企業数も増加。3月以降新しく導入を決めた大手企業としては保険業界で1社目となる「損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社」。また、中小企業やベンチャーでも2回目から新しくプレ金社内制度を導入決定する企業が増加。

都心部に加え地方でも徐々に広がっている状況です。政府が定義している15時退社推進という一律条件ではないケースもありますが、各社それぞれに残業削減に向けた業務の効率化、組織体制の見直しを行う等、ワークライフバランス向上に向けた広義でのプレミアムフライデー導入に対して積極的な姿勢で取り組んでいるようです。

プレミアムフライデーの最新情報を無料にて配信中!

プレミアムフライデーに関する導入企業の取り組みや制度、イベント、各種クーポン・特別プラン・割引。更にメルマガ会員だけの特別クーポンなど会員限定特典もあります。

メールアドレス (必須)