日本最大級のフリマアプリ「メルカリ」がプレ金で最も売れたアイテムを発表

メルカリのプレミアムフライデー

メルカリ内で最も売れた商品は?

2017年3月29日付け。EC市場のポータルサイト「ECのミカタ」の記事によると、フリマアプリのメルカリがプレミアムフライデーに最も売れたアイテムを発表。プレ金は流通総額が通常時の1.5倍に増加し、テントやエレキギター、自転車本体のアイテムにおける取引額が増加したとの事です。

ECのミカタの記事参照

株式会社メルカリは、2017年2月24日(金)に、フリマアプリ「メルカリ」内で、プレミアムフライデー施行を記念するキャンペーンを実施した。このキャンペーンは、プレミアムフライデー当日から時間限定で利用できるクーポンをプレゼントするというもの。本記事では、キャンペーン事後調査の結果を紹介する。

高額なアウトドア・趣味グッズへの需要が高まる

プレミアムフライデーキャンペーン期間中は総流通額が1.5倍い増加し、その中でも以下のアイテムが特に顕著に増加した結果となった。

【プレミアムフライデー期間中、取引額が増加したアイテム】
テント/タープ
エレキギター
自転車本体

取引額が増加したアイテムに注目すると、キャンプ用品を取り扱うスノーピーク社の流通額が、通常と比べ約5.2倍増となった。その他にもギブソン社のエレキギターの流通額が約3倍増、ロードバイクやマウンテンバイクで有名なFUJI社の自転車本体でも伸びが見られ、全体的に高額なアウトドア・趣味グッズへの高い関心が見られた。

一方、携帯用ゲームの本体や携帯用ゲームのソフトなど家で利用する余暇グッズの購入量は下降傾向であった。

プレミアムフライデー当日は「自宅」で過ごす?

メルカリの調査では、アウトドア・趣味グッズへの需要が高まっていたが、実際には、プレミアムフライデー当日はどのように過ごす人が多かったのだろうか。スターツ出版株式会社(以下、スターツ出版)が実施した「東京女性のホンネ調査“プレミアムフライデー”リアルレポート 第二弾」によると以下の結果が出た。

【プレミアムフライデー当日の過ごし方】
・自宅で過ごした(58%)
・外食、飲み会(14%)
・美容院やリラクサロン(6%)
・買い物(5%)
・スポーツジムや習い事(4%)
・終日仕事(3%)
・映画館や芸術鑑賞(2%)
・ホテル宿泊や旅行(1%)
・その他(7%)

スターツ出版が実施した調査を基にすると、プレミアムフライデーの初日ということもあり、「自宅」で過ごす人が半数を超えていた。プレミアムフライデーの特権である、早めに帰宅し、普段できないことをして過ごす人が多く見られる。

その中には、オンラインショッピングも含まれるだろう。普段は通勤や退勤途中といった移動時間など空いている時間を使ってオンラインショッピングをしていたが、プレミアムフライデーにより、自宅でゆっくりと楽しむことができる。それがメルカリの調査でも表れ、これまではなかなか手を出せなかった高額なアウトドア・趣味グッズの需要が高まった。

次回のプレミアムフライデー(3月31日)は、2回目ということで、以前よりは、外出して有意義な時間を過ごす準備をしている人もいそうだ。しかし、直前に迫った今この時点で予定が決まっていない人もいるだろう。まさに、そういう人のためのこのキャンペーンだ。それは、そのまま買い手にも、売り手にも、プレミアムな時間となるに違いない。ソース元:https://www.ecnomikata.com/ecnews/14112/

プレミアムフライデーの最新情報を無料にて配信中!

プレミアムフライデーに関する導入企業の取り組みや制度、イベント、各種クーポン・特別プラン・割引。更にメルマガ会員だけの特別クーポンなど会員限定特典もあります。

メールアドレス (必須)