Fintechベンチャーが発表した家計簿から見るプレミアム効果

プレミアムフライデー効果 レジャー

レジャーに使った費用は2.4倍

カカクコムやクックパッドの元代表取締役で事業家としても有名な穐田誉輝が取締役を務めるフィンテックベンチャーで日本最大級600万人が利用する家計簿アプリ運営の株式会社Zaimが「会社員の支出」という切り口でプレ金における購買データを統計解析。その消費動向における結果を公表しました。

アンケートは平成29年2月24日と平成28年2月26日(最終金曜日)の比較。前年比較においてはレジャー項目が最も高い伸びになっているとのことです。ランキングは以下↓

会社員の伸び率

1位:レジャー(236%)

2位:本(146%)

3位:ゲーム(119%)

会社員(エンジニア職)の伸び率

1 位:映画(390%

2位:イベント(257%)

会社員(広報職)の伸び率

1 位:ファッション(504%)

2位:レジャー(261%)

プレミアムフライデーは「外派」と「家派」に分かれる

Zaimの分析によると伸び率が高かったレジャーでは、「スキー」や「スノーボード」、「テーマパーク」などの著名レジャーに加え、新しいタイプのレジャー「ボルダリング」や「スーパー銭湯」が台頭。スポーツ分野では「フットサル」が多い結果となったようです。

一方で、 1位が「本」(146%)、3位が「ゲーム」(119%)となったことから、会社員の伸び率は「レジャー」がダントツだったものの、家や室内での趣味を楽しむシーンも比較的増えていたのではということが予想され、プレミアムフライデーは「外派」と「家派」に分かれるとのこと。

職種別に見てみると

職種別に見たところ、エンジニアである会社員の伸び率 11位は「映画」(390%)、次いで「イベント」(257%)、「デリバリー」(188%)、「旅行」(164%)、「パーティ」(164%)という結果となりました。このことから、自宅などでデリバリーをオーダーし映画を楽しむ人が増えていたという予想とともに、週末と合わせて旅行を楽しんだ方や、デリバリーを注文して近しいメンバーなどでイベント等をしていたというシーンも想像できます。

広報担当はファッションとともに本や雑誌の研究も?

広報担当の会社員では、伸び率 1位は「ファッション」(504%)、次いで「レジャー」(261%)、「本」(234%)という結果となりました。その企業の顔とも言える職種の広報担当者は、洋服などの身につけるものを購入している方が多かったことが見て取れます。

一方で「本」のほかに、他職種と比較して「カフェ」(115%)が高い伸び率になっていたことから、プレミアムフライデー当日には、メディアとも仕事上で接する機会の多い広報担当者が、本や雑誌などをカフェでゆっくり読んでいるというシーンも多かったのではと分析できます。

詳細リンク

プレスリリース記事はこちら

プレミアムフライデーの最新情報を無料にて配信中!

プレミアムフライデーに関する導入企業の取り組みや制度、イベント、各種クーポン・特別プラン・割引。更にメルマガ会員だけの特別クーポンなど会員限定特典もあります。

メールアドレス (必須)