東証一部の株式会社TKCがプレミアムフライデーを導入へ

TKCのプレミアムフライデー

株式会社TKCがプレミアムフライデー導入へ

2017年3月17日付け。東証一部上場、TKC全国会(日本最大級の税理士組織)の運営や会計事務所・地方公共団体に会計情報サービスを提供する株式会社TKCが自社のウェブサイトで2017年4月からプレミアムフライデーを導入、正式に運用する事を発表。

TKCは現在までも働きやすい職場作りや残業の削減等、ワークライフバランスを加味した各種取り組みを行ってきましたがプレミアムフライデー制度を新たな取り組みとしてスタートします。実施方法としては、プレミアムフライデーとして年6回を限度とし、「遅くとも午後3時までの業務終了」を超える午後1時以降の半日有給休暇の取得を奨励。

加えて、該当日の午後1時までの4時間に集中して働く意識を醸成し、業務の生産性向上にもつなげてまいります。加えて、月末に繁忙期となるお客さまの業務への影響を考慮し、運用では月末の金曜日に代えて第1金曜日とするとともに、社員の半数ごとに交代で取得する「半舷上陸方式」を採用することとしています。

詳細リンク

http://www.tkc.jp/company/topics/2017/20170317_1

プレミアムフライデーの最新情報を無料にて配信中!

プレミアムフライデーに関する導入企業の取り組みや制度、イベント、各種クーポン・特別プラン・割引。更にメルマガ会員だけの特別クーポンなど会員限定特典もあります。

メールアドレス (必須)