みずほ総研の考察レポート プレミアムフライデーは定着の余地あり

みずほ総合研究所のプレミアムフライデー考察結果

みずほ総研がプレ金の関する考察レポートを公表

2017年4月18日。みずほフィナンシャルグループのシンクタンクみずほ総合研究所(みずほ総研)がプレミアムフライデーに関する分析レポートを公開。経済調査部主任エコノミストの分析により「今後定着する余地あり」という結論付けを行った。2月のプレ金開始以来、各機関が公表したアンケートやサーベイデータを元にマクロ経済におけるプレミアムフライデーを分析、その考察結果をレポートにしてまとめています。

プレミアムフライデー、時間は掛かるが定着すると予想

日本人の国民性を見てると、消費の観点ではプレミアムフライデーは今後、定着していく可能性が高いと分析する一方で、働き方革命の要素に関して、定着のためには、経営者の意識改革、更に労働時間ではなく、労働時間当たりの成果で評価する人事システムや業務繰りが必要と分析しています。

レポート

みずほ総合研究所のプレミアムフライデー考察結果

詳細リンク

www.mizuho-ri.co.jp

プレミアムフライデーの最新情報を無料にて配信中!

プレミアムフライデーに関する導入企業の取り組みや制度、イベント、各種クーポン・特別プラン・割引。更にメルマガ会員だけの特別クーポンなど会員限定特典もあります。

メールアドレス (必須)