厚生労働省が率先してプレミアムフライデーを導入!7月のプレ金に合わせて完全消灯日をスタート。

厚生労働省 プレミアムフライデー実施

厚生労働省のプレミアムフライデー

2017年5月29日付け。産経ニュースが報じた記事をご紹介致します。

厚生労働省は29日、午後8時までに庁舎を消灯する「完全消灯日」を、7月28日に初めて実施すると発表した。橋本岳厚労副大臣は「働き方改革の旗振り役として、長時間労働の是正を対外的にアピールしたい」と話した。

幅広い業務を取り扱う厚労省は、国会答弁の回数や委員会の審議時間、法案提出数などが他省庁に比べて多く、長時間労働を取り締まる立場でありながら職員の負担が大きい。働き方改革を進める省内チームが調べたところ、午後8時から作成が始まった国会議員の質問に対する答弁書の準備が、翌日午前3時に終わった例もあった。

そこで、厚労省は答弁書作成に当番制を取り入れたり、事前準備のない内部の打ち合わせを禁止したりする省内の働き方改革実行計画を作成。「プレミアムフライデー」に当たる7月28日には、同じ建物に入る環境省の協力も得て、午後8時までに庁舎を消灯し執務室を施錠する「完全消灯日」を実施する。来年度以降も続ける方針だ。

詳細リンク

http://www.sankei.com/life/news/170529/lif1705290046-n1.html

プレミアムフライデーの最新情報を無料にて配信中!

プレミアムフライデーに関する導入企業の取り組みや制度、イベント、各種クーポン・特別プラン・割引。更にメルマガ会員だけの特別クーポンなど会員限定特典もあります。

メールアドレス (必須)