プレミアムフライデー効果で外食チェーンの串カツ田中は売上20%~30%増へ

プレミアムフライデー売上増加

プレ金効果、勝ち組と負け組が二極化する傾向に

プレミアムフライデーによる経済効果はプロモーションやPRの仕組み作りの良し悪しにより二極化し、消費喚起の分野においては勝ち組と負け組が鮮明になっているようです。東証マザーズに上場する串カツの外食チェーン「串カツ田中」は店舗の売り上げが最大30%増とプレ金(プレミアムフライデー)の効果が絶大であったことを公表しました。プレミアムフライデー限定の商品やサービスを設けるだけでは効果はなく、それらを如何に認知させられるか?が重要になるようです。

プレミアムフライデー効果で売上20%~30%増

今年、プレミアムフライデーが始まりました。あまり世の中では盛り上がってないと言われているんですけど、国では2月から始めたのですが、弊社は先行して1月の最終金曜日よりスタートしました。

「フライングフライデー」ということで、1ヶ月先行してスタートしたのが、すごくメディアに注目をされまして、1月と2月のプレミアムフライデーの本番のとき、ニュースの使いまわしも含めまして、60番組くらい弊社が取材されましたので、「プレミアムフライデー」というと、弊社の名前が出てくるくらい認知されております。

その結果、世の中では「プレミアムフライデー、ぜんぜん効果ない」とか「やってもすぐやめる」という飲食店も非常に多いんですけど、弊社のほうは毎月だいたい(売上)20パーセント、多いところでは30パーセントの効果が出ていまして、アベレージで20パーセントぐらい増加していますので、非常に効果が出ております。

今週またプレミアムフライデーが参りますけども、毎月早い時間のキャンペーンをやりながらプレミアムフライデー限定の串を出したいと思います。

こういうことをやっておりまして、非常に注目を浴びており、「串カツ田中はプレミアムフライデーをやっている」という認知が高まってきておりまして、なかなか早い時間に帰れないでしょうけれども、帰られた方がけっこう寄ってきていただけるということで、結果が出ております。

詳細リンク

http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS06609/58cf662c/9fc1/4629/a422/62bbef6c0ae5/140120170725438252.pdf

 

プレミアムフライデーの最新情報を無料にて配信中!

プレミアムフライデーに関する導入企業の取り組みや制度、イベント、各種クーポン・特別プラン・割引。更にメルマガ会員だけの特別クーポンなど会員限定特典もあります。

メールアドレス (必須)