ソフトバンク・テクノロジーのプレ金制度

通信大手SBTのPremium Friday

2017年2月24日からスタートしたプレミアムフライデー(プレ金)に関するソフトバンク・テクノロジー株式会社(SBT)の取り組みをご紹介。通信業界大手のソフトバンクグループの中でも特に法人向けのITソリューションを提供するSBT、クラウドを軸に「デジタルマーケティング分野」「プラットフォームソリューション分野」「クラウドシステム分野」を展開しています。

SBTは通信業界の中でもプレミアムフライデーの導入・取り組みにおいて積極的で、プレミアムフライデー初日となった2月24日は午後3時の早期退社を促しましたが、良い面&課題点も見えてきたようなので、今後はPDCAを回しながらES(従業員満足度)を高めるため、プレミアムフライデーの導入を機に、就労環境改善やワークライフバランスを考慮した制度のブラッシュアップ・企業文化構築に向けて様々な取り組みをしていくとの事です。プレミアムフライデーの趣旨でもある「働き方革命」。通信業界大手のソフトバンクが本気でこの制度に向き合い、取り組んでいくことは社会的に大きな意義があると思われます。今後もSBTのES活動には注目していきたいと思います。

ソフトバンクテクノロジーのプレスリリース

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿多 親市、以下SBT)は、2017年2月24日(金)より開始した「プレミアムフライデー」を独自に応用し、2017年3月以降は月末金曜日の15時退社をベースとしながらも、繁忙期や飛び石連休などを考慮して運用することを決定しましたので、お知らせいたします。

また、プレミア20170301-SBTリリースムフライデー初回実施後に社員アンケートを行い、制度運用についての課題も確認できました。社員が本制度を利用しやすい環境を整えることを目指し、これらの課題についても継続的に検討を行ってまいります。

20170301-SBTリリース

 

プレミアムフライデーの最新情報を無料にて配信中!

プレミアムフライデーに関する導入企業の取り組みや制度、イベント、各種クーポン・特別プラン・割引。更にメルマガ会員だけの特別クーポンなど会員限定特典もあります。

メールアドレス (必須)